ここなつ☆のきまぐれひとり旅2

がんばろう!日本  がんばろう!東北!
0812345678910111213141516171819202122232425262728293010

『宝石ビビンバ』 最終回。。(ネタばれ)

『宝石ビビンバ』終わってしまったわね~。

ドロドロすることもなく、淡々としていながらも、心に残るドラマでした。

でも最後の方は、ちょっと急ぎすぎ。。

付いていくのが、たいへんでした。


最終回は、思いもよらない展開で・・

テリさん・・確かにここ数話は、天国に向かっているシチュエーションでしたが、

何も娘の結婚式に・・最後にクッスンのおでこにキスをするのは・・いったい。。

以前は、こんな展開に「ハ~」と思いましたが、

最近は「こんなこともあるかも・・」と思うようになり、すっかり慣れされました。


クッスンは結局、他の人と結婚したようでしたね。

KNの掲示板にもありましたが、私も運転手さんかと思ったのですが・・

ビチュイの両親の還暦祝い(2015年)に、ホバクが一人で踊っていたので、

結婚しなかったのね。。。


ルビも、それこそ結局ビョンフンと結婚したようで・・ちょっとがっかりかも~(笑)

ルビには、もっと個性的に生きてほしかったからね。

でも、ルビ自身は、安定型が好き?だったから、よかったかしらね。


カイルは、すっかり修行僧に。。山からみなさまの幸せ祈っています!かしら~。


ホバク役のイ・イルミン君、このドラマでデビューのわりには、

落ち着いた自然な演技ができてたと思います。 みんなに殴られて・・


クッスンたちの結婚式がなかったかわりに。。

ハルモニたちのまさかの婚礼が ハルモニ、超かわいかったです。

このドラマでは、“アブラカタブラ”の「生意気ダンス」も踊ったし、

いろんなことを経験されたことでしょう。そういえば水着姿も・・


最後に『宝石ビビンバ、美味でしたか?』と出ましたが、

結構、美味でした!

名前も面白かったですが、内容もよかったです。



『親の心、子知らず・・』その立場にならないと、わからないこと。。

人はそうやって、成長していくものなのでしょうね。




終わり。。




KNTVスペシャルサイト


KNTV HP



MBC公式HP

宝石ビビンバ 
(写真:Daumより)





展開早過ぎ!『宝石ビビンバ』 48話まで。。

KNTVの掲示板にもありましたが・・

今週の『宝石ビビンバ』の展開がとっても早くて、

ちょっとびっくりでした。


え~?なになに??と思う間もなく、

サノ(イ・ヒョンジン君←最近出番が少ない!!)とガンジ(チョン・ユミ)との赤ちゃんが生まれ、

ビョンフン(ユン・ジョンファ)が、いきなり別人と指輪選びをしていて、

11月20日に結婚するとルビ(ソ・イヒョン)に告げるし・・
(また破談だけど・・)

もう、いねむりして、途中を見逃したかと思ったぐらい。

得意の「○年後」というのもなかったし。。

クッスンの受験まで、映像と「説明」で進めて、

あとは、自分の中で整理しながら、しっかり付いてきてちょうだい!という感じでした。


また、カイル(マイケル)は、結婚資金がなく1年後に結婚を延期したルビのために、

家の保証金を受け取らず、ひとりこっそり家を出てしまいました。


ルビのカイルへの思いが「1年後」とさせて、結局はビョンフンとも別れ、

カイルを密かに見に行くのでした。 さてルビは・・どうなるかしらね。


ビチュイは、めでたく妊娠し・・



残り2話。来週の火曜日に終わってしまいます。

どんな結末が待っているのか、楽しみです。



ビビンバ48
(写真:Daumより)



















『宝石ビビンバ』 44話まで。。

KNTVで放送中の『宝石ビビンバ』44話まで進みました。


44話は。。

クッスンが、家に電話をしたところ、オンマの声が聞こえたので、

海外から帰国していると思い、久しぶりに実家に帰って来ました。

しかし、目の前に現れたオンマは、「アルツハイマー病」のオンマで、

クッスンをかつて飼っていた犬のクロと呼び、

すでに、クッスンのことがわからない姿のオンマでした。

突然の出来事、あまりにもオンマの変わり果てた姿を見たクッスンは、

「二度と呼ばれなかったら、どうしようと・・」と泣き崩れるのでした。


クッスン役のチェ・アジンさん、とても熱演されていて、本当に胸を打たれました。

オンマが娘の自分のことを忘れて、兄嫁と仲良くしている姿を見たら、辛いでしょうね。

ホバクから携帯で「姉から聞いて・・」という言葉に、携帯を投げつけるところに、

その辛い思いがでていると思いました。

ホバクとクッスンも、これから気になるところですが、ホバクも新人とは思えないほど上手です。


全50話。あと6話で終わってしまうのね~。

辛い場面もあれば、ハルモニたちの面白い場面もあり、

とてもバランスのいいドラマなので、終わってしまうと寂しいわ。。






kussun
(写真:csnewsより)
この演技で、広告のお仕事が増えたとか・・



















『宝石ビビンバ』 37話まで

昨日の『宝石ビビンバ』は、とてもよかったです。

ヨングク(イ・テゴン)と母、ビチュイ(コ・ナウン)は、

お手伝いさんも連れてスキーに行くのでした。


ヨングクは、ひとりスキーをしながら、

ビチュイとの出会いから今までを思い巡らし、いろいろと考えた結果、

プロポーズをするのでした。


認知症の母がいる最悪な結婚相手だが、結婚してほしいと・・

ビチュイの性格から、この状況が続くとビチュイからプロポーズをするだろう

というずるいことまで考えた・・

など、こころにある思いを吐き出し、

君なしで生きていく自信がないと・・跪いてプロポーズ。

ビチュイは、同じ気持ちだと、受け入れるのでした。

ヨングクは、以前に「犬をプレゼントする男に落ちる」とビチュイが言ったために、雪で犬を作り、

ビチュイは、冷たくなったヨングクの手をとり「これからは身も心も温めます。。」と


とても静かでありながら感動的なプロポーズ。

ヨングクは、なんだかゴソゴソしてると思ったら、雪の犬を作っていたのですね。


一方、ビチュイに好意を抱いているスターのウビンssi。

ビチュイから断られたために、両親から攻め始めていました。

このウビン役のイ・ソビンssi、ちょっとチャン・ドンゴンに似ていますが、

今回初めて見ました。

1978年10月14日生まれ。

2008年、ペ・ジョンオク、キム・ミンジョンのドラマ、

『おばさん刑事パク・ジョングム』でデビューらしいです。



イ・テゴンさん、今回はスキーをご披露してくださいました。

とても上手に滑られていましたが、ここでは、またあの曲が流れていました

あの曲は、無性に聴きたくなるときがある、不思議な曲です。

パク・サンフンさんの『A Song for Luka』という曲。

前回の記事で、youtubeを載せたところ、削除されていました。

規定に反していたらしいです。。難しいわね。


『宝石ビビンバ』 34話まで。。

『宝石ビビンバ』、面白いです。

取り立てて、大きなことが起きているわけではないので、

静かに話が進み、ときどき笑い、ときどき涙が・・



前回、ヨングク(イ・テゴン)は、ビチュイ(コ・ナウン)と再会でき、

お互いの愛を確認したところでした。


そして、ヨングクは、若年性アルツハイマーのオモニムをビチュイに会わせることに・・

オモニムは、ビチュイのことを気に入り、ビチュイ(翡翠)を腕輪(パルチ)と呼び、

私の娘と言い、歌まで歌いだすぐらい気分がよかったようです。

オモニム・・とても上手に演じられているので、切なさが伝わってきます。


ところで、ビチュイの末弟、ホバク(琥珀コハク)が、歌を歌ったのですが、

とても上手でした!

歌手?かと思ったら、このドラマでデビューした新人だったのですね。


イ・イルミン君

出生 1992年8月31日(ソウル特別市)

体  180cm、68kg

家族 父  イ・ドンジュン

学歴  ソウル公演芸術高校

お父さんのイ・ドンジュンさんは・・

『アヒョン洞の奥様』で、主演のワン・ヒジさんを一方的に好きになる

大きな犬を飼っていた・・ソン社長。

イ・フィヒャンさんの弟で、コ・ナウンさんの叔父さん役だった方なんですね~!

あの頃は・・あまり・・

ミンジュンさんと同じTシャツを着てたという記事を書きました。

こんなかわいい息子さんがいらしたとは・・ですね。

頑張って下さいね~!







『宝石ビビンバ』の挿入歌。

KNTVの掲示板に載っていたのですが、

『宝石ビビンバ』の挿入歌。


とても静かでありながら、胸の奥に残る音楽。。

パク・サンフンさんの『A Song for Luka』という曲で、

映画『帰郷』のOSTだそうです。


映画『帰郷』とは・・・

現実とファンタジーを行き来する1つの家族の悲劇的な旅

韓国の名前'ジュソンチャン'オーストラリアの名前'ルーカスFedora'。
2つの名前を持つ彼は、自分を捨てたの土地、韓国を訪れる。
しかし、彼が得た情報は、大邱(テグ)で発見された迷子という事実だけ。

遠い海を渡ってきた見知らぬ土地の時間も不安です
塵のように散った記憶を追い、30年前の時間の中に去らなければならないごちそう。

生みの母を捜している一人去った旅路で、彼は1つのアパートメントを訪問する。
明らかに慣れているのにヌントゥゴ後に消える不思議な夢のように
聖餐式の前に親子に見える二人の女性が登場し、
聖餐式は不明な親密さと思いやりを感じる。

訪問者を殺して生きてきた彼女たちの過去を知らないごちそう。
運命の長い長い夜は、彼はますます、過去の傷の中に追い込む。

(Daumより)



公式HP


とてもいい曲なので・・聴いてみてください。MVも何故か心に残ります。




『宝石ビビンバ』 31話。。(ネタバレ)

3日放送、31話の『宝石ビビンバ』、とってもよかったです。


ビチュイ(コ・ナウン)とヨングク(イ・テゴン)が思いがけずに再会。

ずっときれいな音楽がとても静かに流れ、静かだけれども心の奥に響くような入れ方。

音楽の効果で、余計に切なく感じてしまいます。


ビチュイは、ヨングクの言葉をあれこれと思い出し、

今思うと、どれも真実で、ヨングクの誠実さを感じることができたと思いますが、

ただ、自分が想像していた事情とは、だいぶ違うようだし、

偽名だったことも・・

再会と「事情」で、ショックも大きいでしょう。。

ビチュイは、ヨングクが、諦めた理由をきっと誤解するでしょうから・・

でも、次回予告を観ると、ヨングクは「逢いたかった」と・・

いい方向に行ってくれそう。


ハルモニたちの、『アブラカタブラ』の生意気ダンスも面白いですね。

あの女の子、とっても上手だけど、ハルモニたちも上達しています!

あの曲を聴くと、ガインを思い出すわ~。。当たり前だけど。。


今日の放送も楽しみです。






『宝石ビビンバ』のカイルって?

『宝石ビビンバ』、楽しんでいます。

 

全然、ドロドロしてなくて、たっぷり楽しめます。

 

長女、ビチュイ(翡翠=コ・ナウン)とヨングク(=イ・テゴン)の仲も、段々良くなってきたし、

 

次女ルビ(ルビー=ソ・イヒョン)とカイル(=マイケル ブルロンク Michael Blunck )の

 

やりとりも面白いです。

 

最初は、ぎこちなかったふたりですが、今はお互いに、心を許してる感じ。

 

ルビー役のソ・イヒョンさんは、美人で、ちょっと主役を喰ってしまうことがあったのですが・・

 

このドラマでは、そんなこともなく、いい感じです!

 

 

ところで、カイル!韓国語も上手だし、とてもいいですよね!

 

本当のお坊さんのようなイデタチですが・・

 

 

               カイル (Daumから)

 

 

↑によりますと・・・Osiris Korea所属ウェイクボード選手 らしいです!

 

ウェイクボードって・・・水上版スノーボードといったところ。

             水上スキーと同じようにモーターボートで引っぱってもらい水の上を滑るスポーツ

 

 

また、ドラマは初めてのようですが、演技もなかなかなものだと思います。

 

ソフトな話し方が、僧侶にはぴったり!!かもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『宝石ビビンバ』始まりました。

『人魚姫』の作家、イム・ソンハンさんの作品『宝石ビビンバ』が始まりました。

 

 

以前にも書いたことがあるのですが・・そのときの『紹介記事

 

4つの宝石(翡翠、ルビー、珊瑚、琥珀)の名前を持つ4姉弟の物語を扱ったホームドラマです。

 

 

MBC公式HP

 

 

 

登場人物はこちらをどうぞ(Daumより)

 

 

長女・・翡翠(ビチュイ)=コ・ナウン 次女・・ルビー=イ・ソヒョン 

 

長男・・珊瑚(サノ)=イ・ヒョンジン 次男・・琥珀(ホバク)=イ・イルミン

 

父・・クン・サンシク(常識)=ハン・ジニ   母・・ピ・ヘジャ=ハン・ヘスク

 

父方祖母・・キョル・ミョンジャ=キム・ヨンウク   母方祖母・・??(白鳥)=チョン・ヘソン

 

 

イ・テゴンの家の方も面白い名前だそうで・・

 

父・・???(ローマ)=パク・クニョン   母・・???(イ・タリ)=ホン・ユジン

 

長男・・???(英国)=イ・テゴン    妹・・???(名前の事情は15話で解明)=チェ・アジン

 

 

 

初回から、ハン・ヘスクさん、今までの真面目な役から、お茶目な役で登場。

 

いかがわしいモグリのところで、豊胸手術をして、失敗。病院に運ばれたりして・・

 

いつも、家のトラブルメーカーのようでした。

 

また、ヘスクさんの母役、チョン・ヘソンさんは、水着姿をご披露。。。などなど

 

いろいろとやってくれました!

 

顔なじみばかりですが、注目は、やっぱり『家門の栄光』に出ていたイ・ヒョンジン君。

 

外交官を目指す外務通知準備生(?)。やや静かな大学生の役らしいです。。(↑のDaumより)

 

 

このドラマは、ホームドラマなので、『人魚姫』のような悲しい結末ではないでしょう。

 

また、MBC演技大賞で、コ・ナウンさんが優秀賞を受賞されていたので、期待できそうですね!

 

 

 

 

 

 

 

        お茶目なヘスクさん(Daumより)

豊胸手術を・・

 

 

 

 

 

『宝石ビビンバ』も~!!

KNTVで、『宝石ビビンバ』も来年1月18日から放送されるそうですね~!!

 

これ、とってもうれしいです。

 

KNTV HP

 

 

以前にちょっとだけ、『宝石ビビンバ』のことを書いたのですが・・・

 

そのときの記事!

 

 

『家門の栄光』のイ・ヒョンジン君も出演するので、超楽しみ~!

 

また、コ・ナウンさんて?と思ったら、『アヒョン洞の奥様』に出演していた方ですね。

 

 

昨日の『イケメンですね』に続いて、うれしいお知らせだわ!

 

MBC公式HP