ここなつ☆のきまぐれひとり旅2

がんばろう!日本  がんばろう!東北!
0812345678910111213141516171819202122232425262728293010

『風吹く良き日』終了。。

KBSWで放送されていた『風吹く良き日』が終了しました。

全173話。無事に。。


<孤児と異なることなく育った最高のイラストレーターの夢をあきらめていない

明朗少女『クォンオボク』を中心に繰り広げられる物語を描いたドラマ>(Daum)


色々な苦難と逆境にもめげずに夢を叶えていくたくましいオボクと

自らの欠点を一つずつ抱えているにもかかわらず、

これを克服して幸せを探していく登場人物をとおして

世知辛い現実に疲れた現代人たちに希望とメッセージを伝えようとする・・・

のが作品意図だったそうです。


疲れた現代人に、ミランの意地悪やウソは、余計に疲れましたが・・

自分自身で頑張って苦難を乗り越えられた人には、幸せが訪れ、

人のせいにしたり、反省のない人には、新たな困難が。。


見ている方も、ちょっとめげそうになりましたが、

何とか、乗り越えられ、最後には、笑顔になったと思います。

よかったわ。オボク!幸せになってね。


登場人物で気になったのは、オボクの幼馴染のギチョル(カン・ウンタク)

ミランに踊らされて、まんまと「悪者」にされそうになったけど、

何とか、踏ん張って、結局最後まで「いい人」でした。

オボクの幸せを常に願い、導いてくれる・・

以前にも書きましたが『朱蒙』では、ソソノのいとこで出演していた方です。

撮影が終わってから、昨年10月4日から、入隊したそうです。

ウンタクssiは・・

「やや遅い感がなくはないが、

 軍の生活を演技の幅を広げる経験だと思って

 熱心に服務を終えて帰ってくる。

 そして、名品腹筋も作って来てくれる」


と覚悟を伝えたそうです。(kdpress


是非、いい俳優さんとして戻ってきてほしいです。



そして、イ・ヒョンジン君も、年上の女性を愛する役を熱演してました!

だいぶ演技に余裕ができた感じがしますね。

ヒョンジン君は、大阪でファンミをするそうです。。

◆日 時 2011年3月12日(土) 開場13:00/開演14:00
◆会 場 クレオ大阪南部館(大阪市平野区喜連(きれ)西6-2-33)
◆料 金 〈全席指定〉6,300円(税込)


詳しくはこちらをどうぞ。(ふくまるさん主催です)


ヒョンジン君の笑顔もいいですね。ソルジを受け入れたしね!



やっぱりドラマは、最後は笑顔になるのがいいです。

さわやかな「風」が吹いたと思いますよ。

また、チン・イハンさんに会いたいわ~



KBS公式HP


KBSW HP





kazefuku







にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村






『風吹く良き日』の次は。。

KBSWで放送中の『風吹く良き日』、ホントに嫌になってきます。

ミラン(イ・ソンミン)が、自分の子供ドンニプと元夫テハン(チン・イハン)を

自分のものにするために、結婚したテハンとオボク(キム・ソウン)を離婚させようと、

「各方面」にウソを吹聴して・・

みんなも、ミランのウソを信じてしまい、振り回されて、

結局は、ミランの思う壺。。でも、母親として恥ずかしくないのかしら。


また、オボクのことが好きな幼馴染のギチョルまで利用して・・

あ~観ていて、本当にオボクが気の毒で・・

早く解決して、終わって欲しいわ!!と思っていたら、

1月26日で終了。あと1ヶ月以上もあるけど。。


そして1月27日からは、『笑ってトンヘ』が始まります。

主演は、『ソル薬局・・』の4男だったチ・チャンウク君。

他に『怪しい三兄弟』の長男の嫁だったト・ジウォン、イサンの妻だったオ・ジウン

『検事プリンセス』にも出ていたパク・チョンアなど。。

その他の出演者はこちらでどうぞ。


内容は。。

米国で養子縁組された韓国人のシングルマザーの母親と彼の息子トンヘが

韓国に帰って来て実父を探す過程で、

それぞれ別の愛と家族を作っていく物語を描いた作品(Daum)

脚本は、『君は僕の運命だ』のムン・ウナさん


だそうです。


1日も早くミランから開放されたいわ~!!



KBSW HP

KBS公式HP






にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村







最近の『風吹く良き日』。。

KBSWで放送中の『風吹く良き日』ですが、

最近、観るのがちょっと辛くなってきました。


ドンニプが生まれた直後の「真実」を、あれこれ知ることになった

テハン(チン・イハン)は、ミラン(イ・ソンミン)に対しての誤解が徐々に解け、

実母としてドンニプへの思いを考えると、自然と態度も軟化し、少しずつ受け入れ始めていました。


テハンやミランの、それぞれの気持ちは、理解できるけど・・

テハンは、そのことをオボクに内緒にし、小さなウソをつき、

ミランは、テハンとオボクのジャマを計画的にするのが、

何も知らないオボクが、気の毒でならないです。


何よりも、ミランの父(ヨン・ギュジン)が、すべての元凶であって、今もって最悪。

善人を装って、表面的には穏やかなふりをしているけど・・

この人の「策略」によって、テハンとミランは別れさせられ、

今頃になって、結婚したテハンをミランと復縁させようと

「1年後には・・」などと言って、またまた怖い「策略」を実行中。

テハンを信じて結婚したオボク・・この「策略」に落とされてしまうのかしら・・

嫁として、ドンニプの母として、健気に頑張るオボクの影がやや薄くなってきています。

目鼻立ちがはっきりしているミランに負けるな!!


ドラマは全173話。KBSWでは、今日の放送で128話・・まだ45話もあるのね・・

この先のオボクの試練・苦労が目に浮かぶわ。。

ドンニプを思うと、実母も大切だけど、あのミランだと思うと心が動かず

チン・イハンさんの手腕に期待したいけど、どうなってしまうのか、心配で仕方ないです。




サイドのお話・・

妹、マンセとサンジュンのところは、

雨降って地固まるではないですが、いいか悪いか・・円く収まり、

めでたく?結婚することになりました。

2人に「愛」はあっても、両家にわだかまりはないのかしら。。



弟、ミングクは、恩師ガンヒ(キム・ミスク)への思いを整理しようとしていた矢先、

ガンヒが、癌であることがわかり、また手助けをするようになってしまいました。

ガンヒは、義弟によって、投資したお金と家を奪われ、癌にも侵され・・

ミングクへの気持ちも断ち切れず、治療もせず・・

いつの間に、こんなことになっちゃったの?というぐらい暗い影を落とされてしまいました。



ガンヒにしてもオボクにしても、あまり明るくない問題ばかり。。

だから、「楽しみ!!」というよりも「心配。。」な気の重いドラマになってしまいました。

何かしら元気がもらえる最後を信じて・・あと45話。。

観てみましょう。




KBSW HP


KBS公式HP




kaze







にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村






『風吹く良き日』50話まで。。

1週間、テハン(チン・イハン)とご無沙汰。。

溜まった分をまとめて観ました。


50話までは。。。

テハンの子供ドンニプの実母ミラン(イ・ソンミン)は、

テハンの恋人が、自分の友達でもあるオボク(キム・ソウン)であることがわかり・・

何とか、テハンを取り戻そうとするが、

テハンは、恋人がいなくてもミランの元には戻らないと告げるのでした。


また、テハンは一刻も早く、オボクを家族に紹介したく、

家に連れていくが、家族はびっくり!!

特に母は、聞く耳すら持たず「オボクは絶対ダメ!」と言うのでした。

父とハルモニは・・まだ説得次第で、大丈夫そうかもね。


妹マンセ(ソ・ヒョリム)は、妊娠が嘘であることが、あのオンマにばれ・・

家を追い出されるのでした。。ホントに甘いわ!このカップル。。

夫サンジュン(カン・ジソプ)は、本部長になり、新企画を考えるなど頑張ってはいるが・・・


ミングク(イ・ヒョンジン)は、仕事も一応順調に!

恩師のガンヒ(キム・ミスク)の義弟の企みが気になっているところ。。

この義弟と妻は、悪い人たちだわね。自分の娘までも利用するなんて信じられないわ!

ところで、イ・ヒョンジン君、ホントに演技が上手になりました!!

笑顔も自然に。。

相棒のソルジ(チョン・ダヨン)、好きよ(笑)頑張れ!


テハンとオボク、まわりで賛成している人もなく、本当に前途多難。。

でも手をつないで歩いている姿を見ると、

テハンを信じて任せてみたいと思ってしまいます。

仕事も恋愛も・・やや壁気味だけれども、

2人+ドンニプとで、何とか乗り越えてほしいです。


来週は・・

マンセの「離婚問題」からのようですね。

これまた、一筋縄では行かなそう。。

あのオンマ本当に怖いわ。。どの役も・・怖いわね




『風吹く良き日』のオープニング

本当は、こんなのが流れているのね。











にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村
お遊びにいらしていただきありがとうございます。
もしよければポチ!して下さるとうれしいです。
今日は仙台七夕














『風吹く良き日』のミランって!!。。

『風吹く良き日』44話も、テハンとオボクはいい雰囲気で、

観ていてもうれしくなってきます。

マンセの夫サンジュンが入社早々、

テハンの上司になってしまい。。

何だか、穏やかではないわね。

あの母親、無理なこと・・しちゃったと思いますよ。

普通の会社では、ありえないわね。

そして、ミングクは、オボクが「中年のチーフ」と

付き合っていることに、猛反対。

しかしその「中年のチーフ」こそ、兄のテハン。

ついにご対面!!


テハンの息子ドンニプの母=ミラン役のイ・ソンミンさん。

以前に『ウギョル』に2AMのイム・スルロンとカップルになって、

ジェジョンssi&ユイ、ファン・ジョンウム&キム・ヨンジュン、

チョ・グォン&ガインたちと一緒の「大運動会」に参加していたんですね~。

全然、気がつかなかったわ。

しっかり、記事を書いていたのに。。。しかも写真付きで・・


■そのときの記事

ファン・ジョンウムたちが降板するので、そのあとかも~!なんて

書いていたわ 大ハズレでした!


ドラマは・・・ミランはようやくテハンを探し出し、

息子がいることもわかり・・・

電話をしたり、(テハン❤オボクはカラオケ中)

復活を願って、行動を起こし始めたところ。

これから先を考えると・・目が離せないです。


ugyoruimusuron
そういえば、イ・スンミンさんかも。。


KBSW HP

KBS公式HP








『風吹く良き日』 39話。。

KBSWで放送中の『風吹く良き日』は今日で39話。

今日は、とってもいい感じなテハン&オボクでした!

テハンはオボクに「大切な人」なんて言うし、

オボクは、毎日胸が・・

そして、テハンはオボクに歌をプレゼントするのでした。

これが、とても上手。何度も聴きたくなるぐらい上手でした!

本当に韓国の俳優さんは、歌が上手ですね。


ここで歌が聴けます。


39話はちょっと幸せは回でしたが、

ミランが、テハンを見つけたことで・・波乱の幕開けかしらね。

オボク負けるな!!



KBSW HP


KBS公式HP



歌の上手なチン・イハンさんですが、本当はコメディアン志望だったそうです。

詳しくはこちらをどうぞ。

ちょっとイメージからすると・・コメディアンっていう感じではないですが・・

意外と面白い人なのかもしれませんね。



kaze


『風吹く良き日』のハン・ギチョルって。。

KBSWで放送中の『風吹く良き日』。

テハン(チン・イハン)とオボク(キム・ソウン)、

お互いに想い合っているのに、まだまだ一歩が進めませんね。

テハンは息子のことを忘れてしまうほど・・なのに。。


ところで、そのテハンの想いを躊躇させたギチョル役のカン・ウンタクさんって。。

見たことあるようなないような。。と思ったら、

『朱蒙』に出演されていたのですね~!

ソソノのいとこにあたるチャンス役。

ソソノの父、ヨンタバルの妹、ヨンチェヨンの息子、チャンスで出演されていました。

ヨンチェヨンは、ヨンタバルを裏切り、後に追放になる・・その息子役でした。

野心家の母のわりには、ちゃんとしていた?記憶がありますが・・


Wikipediaにチャンスのことが載っていましたので・・(すごい!)

 ヨン・タバルの妹ヨン・チェリョンの息子。

 幼少時は母親の傀儡としてソソノの対立君長候補にさせられるが、当時己に君長の実権がなく、

 母とヤンタクに牛耳られていた。

 ソソノを姉のように慕うが自身はお人好しで周囲の意見に流されるタイプで

 自分の意見が無くよく周囲にながされる。

 高句麗でも宮殿護衛隊長と厚遇されていたが漢の刺客に鉄器工房を破壊される失態を犯し罷免される。

 新天地へ向かうソソノ達の一行の中にはその姿は確認出来ず。その後は不明。


この頃は、本名のシン・スルギとして出演されていたようです。


この『風吹く・・』では、オボクを助けて、悪い人ではないですが、

テハンのライバルとして、「頑張って」いますね。




カン・ウンタクssi





『風吹く良き日』 28話まで。。

KBSWで放送中の『風吹く良き日』楽しんでいますよ。

28話まで放送。


ドンニプが大好きな「トッポキお姉ちゃん」が実はオボクであるとわかると、

オボク(キム・ソヨン)とデハン(チン・イハン)の距離がぐっと近くなってきました。


オボクは、デハンのシャツのボタンを付けなおしてあげ、

裁縫道具を持ち歩くオボクに感心するデハン。

デハンは、職場でもいつも連れ歩き、

そして、ドンニプと3人で遊園地に行っちゃうし。。

お化け屋敷に入った3人。。怖がりなデハンが!!!というところまで。


ちょっとお豆な感じのデハン=チン・イハンさん。。

毎日観ているせいか、何だか、くせになる顔だわ(笑)


そして、デハンの元恋人でドンニプオンマ、ミラン=イ・ソンミンさん

この方は、はじめましてです。。


イ・ソンミン


1986年1月15日スイス生まれ  意外とお若いのね。しかもスイス。。

このドラマの他には『恋人作り』『テヒヘギョジヒョン』に出演。

このあと、オボクとデハンと大きく関わってきそうね。

昨日、暑さと疲労で倒れたそうです。。newsenより

お大事に・・






KBS公式HP


KBSW HP



『風吹く良き日』 10話まで。。

KBSWで放送中の『風吹く良き日』も10話まで進みました。

最悪な出会いをしたオボク(キム・ソウン)とテハン(チン・イハン)

今度は、オボクがイラストを応募した会社が、テハンの会社。しかもテハンの部署。。

妙な縁続きで、おまけにオボクのイラストが大賞に!

まだまだ縁は続きそうですね。


一方、テハンの弟のミングク(イ・ヒョンジン)。

またまた実験に失敗。 無職のミングクは肩身が狭いです。

この兄弟。テハンとミングク、2人合わせて『テハンミングク』つまり『大韓民国』だったのね。

「テ~ハンミングク♪」とサッカーの応援のようです。。初戦勝利おめでとう!

さらに、妹はマンセ・・これは万歳かしら。3人揃うと・・『大韓民国万歳!』なのかな?



このドラマ、とってもいい感じです。

主演のキム・ソウンが、とても爽やかなのもいいし、

チン・イハンも、もっとクセがあるかと思ったら、意外と合ってるし、

イ・ヒョンジン君も慣れてきたせいか、演技がとても上手になったし、

カン・サンジュン役のカン・ジソプssiもチョ・グォンのような髪型だし。。

『太陽の女』と全然違って、また元の路線に近いわね。

マンセ(ソ・ヒョリム)とサンジュンオンマ(ナ・ヨンヒ)たちも最悪な出会いをしてました・・


ストーリーもありがちですが、あまり気にならず、

主人公が前向きで明るいので、爽やかでいいのだと思います。続きが楽しみ。


脚本は、イ・ドクジェssi。

スン☆の『カクテギ』『変な女・変な男』『真珠のネックレス』などを手がけています。

演出は イ・ドッコンssi

『憎くても可愛くても』『新・ソウルトゥッペキ』『変な女・変な男』ミンジュンさんの『暴風の中へ』など

『憎くても・・・』や『新・ソウル・・』で顔馴染みの俳優さんが出演されているのは、

この方がPDだったからなのね。納得です。

妙に落ち着いて観られるのも、そのためかもしれません。



KBS公式HP

KBSW HP



kaze 
(写真:Daumより)











『風吹く良き日』 5話まで。。

今週は、ちょっと忙しくこの30分ドラマの『風吹く良き日』も溜まりそうになりましたが・・

なんとか5話まで。。


家のお金を父に持ち逃げされ、イラストレーターを夢見てソウルまでやってきたオボク(キム・ソウン)ですが、

経験がないからと採用されず、住もうと思っていた家も・・優先的にお金を入れた人に。。

家も職もなく、彷徨い歩いていると・・・

彼女の振られて自殺を図ろうと(嘘だけど・・)漢江の橋に登っていたミングク(イ・ヒョンジン)を見つけ・・・

一緒に橋に登っているうちに、漢江に落ちてしまう。その時持っていたお財布まで川底に~




出だしは、ちょっと『君は僕の運命』に似てるけど、結構大丈夫。

楽しく観ています。

前向きなオボクが、嫌味なくてとてもいいです。

オボクは、ミングクの同僚ソルチ(チョン・ダヨン)の家に置かせてもらいながら、

一歩づつ前に・・・チョン・ダヨンさん、結構好きよ❤余談でした!

自分の作ったものが意外にも評判がよく、道で売っていたときに、

パソコンをデハン(チン・イハン)の車に壊され・・最悪な出会いをしていまいます・・・


デハンは、ミングクの兄で、ウェルビーイング乳業のチーム長。子持ちですが、バツイチ?

ミングクの妹マンセ(ソ・ヒョリム)は、そのウェルビーイング乳業の御曹司カン・サンジュン(カン・ジソプ)をゲット中。

あの手この手と・・ちょっとやりすぎ・・

お顔立ちが派手なので、家族としてイマイチ馴染めてないかな??

是非溶け込んでほしいです。


ミングク家とカン・ジュンサン家ともうひとつキム・ミスク(幼稚園の園長でミングクの恩師)家も

これから絡んで来るのでしょうね。


『風吹く良き日』という題名どおり、今は爽やかな感じかな。




KBS公式HP


KBSW HP