ここなつ☆のきまぐれひとり旅2

がんばろう!日本  がんばろう!東北!
041234567891011121314151617181920212223242526272829303106

『人魚姫』最終回・・ネタバレよ!

全246話、ようやく終了しました。

 

最終回は、

 

え~ ええ~  えええ~~  ええええ~~~

 

 

というのが感想です!

 

 

244話までの分

 

 

245話、アリヨンは、ミワンを連れて、家を出てしまいます。

 

自分の『罪』なのに、離婚を言い出し、ジュワンが、テソ妻に脅されて何度も会うことは・・

 

それは、あまり気分のいいものではないですが、それほどの『罪』とは思えません。

 

それなのに、最愛の娘を取られたジュワンや義父母たちは、気の毒としか言いようがないです。

 

アリヨンは、いつも自分の思いが一方的で、強く、それがまわりを巻き込む・・

 

結局、アリヨンは、まわりの意見も聞かずに、自分のプライドだけで家を出て行きました。

 

 

最終回は・・

 

ジュワンは、アメリカに研修に行き、アリヨンは、新しい命を授かったものの、、

 

また失踪してしまいました。。。

 

アメリカから戻ったジュワンは、蒜山で、アリヨンを見つけ出し、追いかけ・・・そして事故に・・

 

 

最後、2人のこどもとともに、ジュワンは、丘から降りてきて・・・

 

そして、アリヨンは・・

 

心臓マッサージの結果、心拍は戻りましたよね~!

 

でも・・アリヨンが着ていた白いワンピース。

 

車に轢かれたときに、着ていたワンピースと同じだし、いったいどう考えたらいいのでしょうか。。

 

やはりタイトル『人魚姫』から考えると・・・かなしい結末と考えるべきなのかしら・・

 

これは、自分の好きなように考えてください!とも言えますが・・・・

 

私も最初は、アリヨンに生きてほしいという希望的観測で、「生きている」と思っていましたが、

 

時間が経つにつれて、実はそうではないのかも・・と思えてきました。

 

 

 

 

『神様、お願い』の時には・・

 

「罪」を犯した人には、ちゃんと軽い「罰」を与えられ、

 

何も知らずに巻き込まれただけの人には、きちんと「幸せ」が贈られた・・のですが、

 

 

このドラマでの「罪」を犯したものは、体験することで、その罪の重さに気づき、

 

それぞれの『罰』を受ける・・

 

復讐は、結局は、ブーンメランのように、自分のもとの戻ってくると、アリヨンは言っていましたが、

 

その「罪」で、受けた「罰」は、死を以って償うほどなのかしら?

 

苦しくても、逃げずに乗り越えてほしかったのですが、逃げてしまったことで、さらに辛い『罰』を

 

受けることになったのでしょうか。。。

 

劇中 『子供の成功ではなく、子供の幸せが大事』 だとアリヨンは言っていました。

 

もうアリヨンには、その「子供の幸せ」も、ただ見守るだけしかできないほどの「罰」が与えられて

 

しまったのでしょう・・

 

 

巻き込まれた人に「幸せ」は来たのでしょうか・・

 

残されたこども2人、ジュワン、義父母そしてハルモニ・・「子供の幸せ」を見届けることができるはず・・

 

そのことは、きっと「幸せ」なことでしょう。

 

 

↑の言葉は、ドラマの中のすべての家族に当てはまり、私自身にも心に残ることばです。

 

 

 

246話、後半でちょっと溜まってしまいましたが、なんとか完走しました。

 

すんなりとした終わり方ではなかった分、いろいろと考えさせられました!

 

ここでようやく『人魚姫』のタイトルの意味がわかったのでしたが・・・

 

246話、完走したのだから、観ている方は、できれば「幸せ」がほしかった!

 

 

 

この作家イム・ソンハンさんの作品『宝石ビビンバ』、今日からKNTVで放送されます・・

 

 

 

 

 

         この頃が懐かしい・・(MBC公式HPより)
 
 
 
 
 

 

『人魚姫』 244話まで・・・

全246話の『人魚姫』も、244話まで来て、残すところあと2話になりました。

 

ちょっと溜まってしまっていたのですが、なんとかこれも・・追いつきました!

 

 

 

前半は、自分と母を捨て、女優と一緒になった父への復讐を人生の目標としたアリヨン(チャン・ソヒ)が、

 

努力を重ね、脚本家になり、父を奪った女優へ復讐する・・ところから始まりました。

 

 

だいたい246話もあれば、ここで簡単には、語りつくせませ~ん!

 

前半は、復讐劇から、さまざまな問題を経て、アリヨンとジュワン(キム・ソンミン)の結婚まで。

 

後半は、婚家になかなか受け入れられないアリヨン。日々の努力の結果、ようやく受け入れられ、

 

ミワンという女の子も生まれ、とても幸せはアリヨン。

 

観ているこちらも、楽しくなるほどの3世代家族。。。だったのにぃ。。

 

これで、終われば、楽しく終わってよかったのに、ここ(240あたり)に来て、

 

またまた、信じられない災いが起きてしまいました。

 

『朱蒙』のスン☆演じたテソ王子の妻役だった人!最悪~!

 

アリヨンが、かつて付き合ったことのある男性の妻役。。その男性は、一方的に振ったアリヨンが

 

忘れられなく・・離婚した!と言いがかりを付けて、アリヨンやジュワン、家まで押しかけてくる始末。

 

その結果・・その彼を振り回した罪は自分にある。こんな私は幸せになる資格がない・・

 

ずっとそのことに怯えてきた・・と言って、アリヨンは、離婚したいと言い始めました。

 

何だか、聞こえはいいですが、子供を連れての離婚は、アリヨンのわがままのように思えてきました。

 

これだけ、ジュワンの家族を巻き込んできているのに、今更、それはないでしょう。

 

あと2話よ!2話でどんな解決をしてくれるのでしょうか・・いい終わり方だといいんだけど。。

 

お互いに愛し合っているのだから、乗り越えてほしいわ~

 

 

この作家の方、平和に話が来ているのに、最後に必ず、もう一波乱がおきますね~!

 

『神様、お願い』でも、ジャギョン(ユン・ジョンヒ)が失語症になったり・・

 

『アヒョン洞の奥様』でも・・ひとり亡くなるし・・(この方、最近見なくなったわ・・)

 

 

 

『人魚姫』・・アンデルセン童話では、王子を愛しながらも、報われる事がなかった人魚姫の悲しい恋の物語

(Wikipediaより)

 

そうならないように、祈りつつ、17日の最終回を待ちたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

ご近所の『どんと祭(Wikipediaより)』が行われた神社・・

これでは、何がなんだかわかりませんね。。。

昨日は、寒かったので・・・車から激写!><

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『人魚姫』。。。

衛星劇場で放送中の『人魚姫』。 溜めてはいけない!と思い、

 

昨日放送したものは、なんとか昨日中に観ることができました。

 

 

アリヨン(=チャン・ソヒ)が、ジュワン(=キム・ソンミン)と結婚してからは、

 

たいして面白くないのですが、どうせここまで来たのだから、最後まで観ましょう。

 

という思いだけで、観ています。

 

 

で、昨日観だした185話の始まりが、見覚えがない!と思ったら、

 

先週分をすっかり観ていなかったのでした!ファンミで忙しかったからね。。

 

それでも、なんとか話しは通じたので。。それだけ話しの進展がないからでしょうね。

 

最初の頃の勢いはないし、最近は、さまざまな「情報」をアリヨンの知識として

 

単に、紹介していることが多く、ちょっと食傷気味です。。

 

 

 

そういえば、番組の最後に、衛星劇場の番組宣伝がちょっと出るのですが、

 

11月18日(水)から『家門の栄光』が放送されるそうですよ!

 

KNTVで観られなかった方は、ちょっとうれしいですね。

 

 

イム・ソンハン作家!

毎週日曜日に放送中の『人魚姫』も172話まで進みました。

 

全247話なので、残すところ、あと・・75話になりました。。

 

 

アリヨン(=チャン・ソヒ)とジュワン(=キム・ソンミン)が結婚してからは、

 

前半のような、ドキドキした感じはなくなり、ちょっと寂しくなりました。

 

後半は、嫁ぎ先の姑、ジュワンの母、シルラと祖母が、アリヨンを家から追い出すため、

 

あの手この手で意地悪する内容に、変わってしまいました。

 

でも、アリヨンは、意地悪をするシルラに、思いのすべてをぶつけることで、

 

シルラも、その心に動かされ、「家族」として受け入れていくのでした。

 

「家出」していた祖母が、その姿を見て、家に戻ってきました。

 

さて、ハルモニのアリヨンへの攻撃は・・どうなっていくのでしょうか!

 

もう、初日の朝食から、生食を食べるハルモニの「気持ち」を揺らすような献立でした。。

 

 

 

その『人魚姫』の脚本家であるイム・ソンハン作家が書かれた『宝石ビビンバ』が

 

始まりましたが、初回は8・1%の視聴率だったそうです。

 

 

       記事元 (Yahoo!Koreaより)

 

記事には。。

 

競争作であるSBSTV『スタイル』の15.2%とKBS2TV『千秋太后』の15.3%に比べると

 

低い成績を出した。 と書いてありますが、2作品とも飛びぬけていいわけではないので、

 

この先、まだまだチャンスはありそうですね!

 

 

ところで、イム・ソンハン作家は「マクチャンドラマ作家」と言われているそうですが・・

 

      記事元 (innolifeより)

 

 

この「マクチャンドラマ」っていったい。。

 

「マクチャンドラマ」とは、≪非現実的で無理やり作った感じのするドラマ≫のことだそうです。

 

今まで、「神様、お願い」など設定が、ちょっと無理やり的な感じがしましたものね。

 

しかし、↑の記事から、今度の『宝石ビビンバ』は<マクチャンコードを除き>とありました。

 

逆に、どんな作品なのか、興味が湧いてきましたよ~!!

 

 

あら~ちょっと長くなってしまったわね。。失礼いたしました!

 

 

 

 

 

 

 

 

『憎くても可愛くても』のカテゴリー!

昨日、視聴済み「な」を見ていたら、『憎くても可愛くても』の記事が、意外と多かったので、

 

『憎くても可愛くても』のカテゴリーを作ってみました。

 

今も、BSやM-netで放送中ですね。

 

 

ところで、このベコを演じているキム・ジソクさんのインタビューが【ふくまる】のところに、

 

載っていました!とても興味深いので、是非、ご覧になられるといいかと思います。

 

         【ふくまる】さんのHP!

 

以前に、キム・ジソクさんのファンミが行われるかも!という情報を頂いたおりましたが、

 

記事の中に、そのようなことが書いてありました!

 

またまた福岡発になりますが、ホントに熱いですね!

 

 

 

 

 

『人魚姫』 132話まで

アリヨンとジュワンは、無事に結婚式を終え、2人はスイスに新婚旅行に行きました。

 

新婚だから、アツアツなのは、わかりますけど、とても仲がよろしくって。。

 

スイスの雪も解けそうよ・・・・・(ベタなコメントですみません。。

 

それでも、スイスのあちこちを訪ねて、観ているこちらも、結構楽しめます。

 

そんな中、2人は「世界で一番高い郵便局から手紙を出そう!」と言って、お互いに手紙を

 

書いて、そしてポストに入れますが・・・

 

 

                              (衛星劇場「人魚姫」より)

 

え~、これって日本のポストではないですか~!と思ったら・・

 


世界で一番高いところにあるといわれるユングフラウヨッホ郵便局前にあるポストは

 

なんと!富士山五合目郵便局から運ばれてきたということですよ。

 

 

韓ドラだから・・いったいどこでロケしたのかと思ったら、ちゃんとユングフラウヨッホ郵便局で

 

ロケをしていたのでした! いきなりこのポストが出てきたときは、ちょっとびっくりでした。

 

 

2人は、2人の時間を楽しみ、充実したときを過ごしていましたが、

 

ジュワンの家では、未だにアリヨンを嫁に迎えることに抵抗があるようで・・

 

お手伝いさんまで・・手ぐすね引いて待っている状態です。。

 

ジュワンと結婚したアリヨン・・後半戦も楽しみです。

 

 

 

 

 


 

『人魚姫』 128話まで

最愛の母を、火事であっけなく亡くしてしまったアリヨン(=チャン・ソヒ)ですが、

 

紆余曲折を経て、愛するイ・ジュワン(=キム・ソンミン)と、結婚にまで至りました。おめでとう!

 

彼の家族は、アリヨンを気持ちよくは迎え入れず・・同居を望むアリヨンを、いじわるして

 

早く追い出そう!などと言っているし。。これからも前途多難な日々が待っているようです。

 

 

スイスに新婚旅行に行った、アリヨンとジュワン。

 

チーズフォンデュを食べた2人でしたが、ジュワンは、なんとじんましんになり、

 

じんましんに塗りこむ「粗塩」を求めて、真冬のスイスをコートも着ずに探し回るアリヨン。

 

ようやく、街のレストランで「塩」をいただき・・ジュワンに塗りこむのでしたが・・

 

いきなり呼吸困難!!病院で点滴まで受けて。。。

 

しかし翌日には、あれほど騒いだわりには、何事もないかのように、すっかりよくなっていました!

 

原因や作者の意図がいまひとつよくわかりませんが、 (じんましんには粗塩?)

 

災いを招く悲運のアリヨンを強調したかったのでしょうか・・

 

よくわかりません。 よくわかりませんが、これからも山あり谷ありでも、2人で乗り越えて

 

行ってほしいと思いました。

 

 

 

 

ところで、じんましんといえば。。

 

土曜日の梅のとき、虫にたくさん刺されてしまいました。。

 

長袖・ハイネックを着ていたのですが・・ちょっとした隙間に入り込むようで。。

 

昨日も、なんだか痒~い1日でした。。 昨日に限り、ジュワンの気持ちも理解できました。

 

 

今日はちょっと落ち着きましたが、恐るべし!虫!!

 

皆さんも是非お気をつけ下さいね!

 

 

 

 

 

 

『人魚姫』120話まで

衛星劇場で放送中の『人魚姫』も「あなたは星」と同じで、週4話なので、

 

ちっとも進みません。。今日でようやく120話になりましたが・・・

 

思わぬ展開に、もう涙ボロボロでした~

 

もうびっくり!昼間っから、こんなに涙流していいの~?というぐらい・・

 

演出は・・『朱蒙』のイ・ジュファンさん

 

脚本は・・『神様 お願い』『アヒョン洞の奥様』のイム・ソンハンさん

 

 

 

脚本のイム・ソンハンさん、2007年1月に、「神様 お願い」の12歳年下のディレクターだった方と

ご結婚されていますが、  (ポチ!) 

 

そういえば、『アヒョン洞の奥様』は12歳年下の検事と結婚するお話だったですね。。。

 

 

 

『人魚姫』は全246話、まだ半分なんですねぇ

 

今日のような、思わぬ展開が、今後もいい方に思わぬ展開をしてくると、うれしいんですけど。

 

悲しい涙でなくて、うれしい涙ならば、目が腫れない程度にいっぱい流してもいいんだけどなぁ!

ドライアイのためにも

 

 

 

 

 

 

 

『人魚姫』 68話まで

衛星劇場で放送中(BS朝日では火曜日22時~)の『人魚姫』、面白いです。

 

大切な父という存在を奪われ、自分に注がれるはずだった愛情をも奪われた・・・父が新しく築いた家族への復讐を心に誓った・・・(BS朝日HPより)

 

アリヨン(=チャン・ソヒ)は異母姉妹にあたるイェヨンの婚約者だったジュワン(=キム・ソンミン)を

復讐のために、イェヨンから奪ってしまいますが、最近、彼に対して、本当に愛情を抱き始めてきているようにみえますよね・・  と信じたいです。

 

アリヨンのあちらの家族に対する復讐心は、並々ならぬものですが、それも、アリヨンの苦労からすると、理解することはできます。

 

でも、すべてが憎しみだけであってはほしくはないと・・

愛情だけは、本物であってほしいと願うばかりです。

 

心の中が復讐心や憎しみばかりで満ちあふれていたら、本当の幸せは訪れないと思うのです。

すべてを奪われ、母は失明し、苦労の連続で、ようやくたどり着いた、新たな出発点。

愛情を抱くことで、憎しみが少しでも消えていってほしいです。

 

 

ということで、まじめな話しは置いといて!!!

 

最近、久しぶりに民主党の岡田さんをTVで見ました。久しぶりだわ~

でも・・久しぶりなんだけど、久しぶりじゃない・・

この感覚って何だろう・・と思っていたところ! これでした!

 

 

 

 

これは『人魚姫』のキム・ソンミンssi。岡田さんにちょっと似てると思いました。

娘に聞くと・・「全然似てない!」そうですが・・・・

 

 

 

 

夏の香り オリジナル版

Aさん(仮称)から借りていた「夏の香り(オリジナル版)」を

ようやく視聴し終えました

ずいぶん前にお借りしたまま、毎日「観よう!観よう!」と思いながら・・

一念発起して!今日残りを視聴しました

 

「夏の香り」は一時期、ものすご~くハマってしまい・・

家事の合間に見ていたのではなくて、「夏の香り」の合間に家事をしていたという

状態でした!

 

でも、オリジナル版を観たのは、今回初めて

目新しい部分も、ありました!

音楽も日本版のとは、ちょっと違っていて、初めて聴く曲もありました!

 

久しぶりに観て感じたこと・・みんな超若~い

ソン・スンホンssi以外は、みなさん、その後もよ~くお見かけしていた方ばかりなので

余計に若く感じてしまいました。

 

特にこの方

 

 

キム・ヘスクさん、ミヌ(=ソン・スンホン)の母役

先日まで観ていた「憎くても可愛くても」では、毎日お会いしておりましたが、

やはり5年前だと・・かなり若いし痩せてたし・・ですね

あ~ちなみに2003年夏のドラマです

 

そして「夏の香り」と言えばこの方でしょう!!!

 

 

 

左のハン・ジヘちゃんではなくて、右のカン・ジファンssi!!

この一瞬しか出番がありませんが、

この時の印象・・

 

「こんな小さな役でも、こんなかっこいい人がやるんだ~

韓国って、素敵な俳優がたくさんいるのね・・」

 

というのが私の感想でした。これがカン・ジファンssiだと知るのは

ちょっと経ってからですが、売れてホントによかったです今や大スター

 

そして、久々に観ると・・OSTも聴きたくなってしまい・・

聴きながら家事をしていました~

 

 

【 2008/10/26 (Sun) 】 視聴済みドラマ な行 | TB(0) | CM(8)