ここなつ☆のきまぐれひとり旅2

がんばろう!日本  がんばろう!東北!
061234567891011121314151617181920212223242526272829303108

『ジャイアント』終了。。

全60話の『ジャイアント』が、終了しました。


<1970年から1992年までの都市開発の真っ最中、

 ソウル 江南(カンナム)を背景に、

 三兄妹の成長と愛を扱ったドラマ>



最終回は、


聴聞会で、チョ・ピリョン(チョン・ボソク)は、今までの悪事が暴かれ、

また、オ議員(キム・ハクチョル)殺害を語ったテープが会場に流れ、

秘密資金の裏帳簿の存在も明かされ、首相候補を辞退し、オ議員(別のオ議員・・)の

別荘に部下のジェチュン(ユン・ヨンヒョン)と共に、潜んでいたが、

息子ミヌ(チュ・サンウク)から居場所を聞いたガンモ(イ・ボムス)によって、

警察に通報され、ジェチュンは自殺、ピリョンは逮捕され、無期懲役の刑に。。


一方、ミヌは、映画館などがはいる万宝プラザを完成させたが、

多額の建設費用を、父親の政治資金に回したため、欠陥建築になり、ビルは、あえなく倒壊。

映画の初日挨拶に来ていたミジュ(ファン・ジョンウム)も、巻き込まれ、下敷きになるが、

ミヌによって助けられました。

ミヌは、万宝建設をガンモの漢江建設に譲り、

業務上過失致死と公金横領疑惑に問われると、自殺を図ろうとしますが、

ミジュからウジュが自分の子どもだと聞き、2年間の刑務所生活を終え、

ミジュとウジュが待つ、イギリスに向かうのでした。良かったぁ。。。

ミヌの一途の思いが実って。。救われたわ~

温かい家庭を築いてほしいです。



兄ソンモは、ジョンヨン(パク・チニ)の兄ジョンシク(キム・ジョンヒョン)に

拉致されていたが、弟ガンモによって救助され、

「裏帳簿」も無事にガンモの手に渡りました。

みんながほしがっていた「裏帳簿」、ソンモが、防弾チョッキに隠していたのね~!

気が付かなかったです。。

ソンモは、ミジュとも5ねんぶりに再会。

あまりにも変わってしまった兄をみたミジュは、号泣します。

本当に、ここは辛くて、涙が止まりませんでした。。

あのソンモが・・こんな姿に・・みかんを食べるソンモをみて、今までどれだけ

苦労してきたことかと、改めて思いながら、元気になって生きてほしいと、誰もが願ったはず!

なのに・・とても残念な結果に、がっくりでした。。



ガンモは、ミヌから万宝建設を譲り受け、その後、ジョンヨンと結婚。

2010年。大きく発展した江南にある漢江建設(たぶん)に

服役中に統合失調症になり、保護観察中のピリョンがやってきます。

ピリョンは、そこで投身自殺をするのでした。なんだか・・



最後は、ガンモたちが、何もなかった江南の土地を所有したときに、

「目に見えるところまでがおれたちの土地だ!」と言って

3兄妹が抱き合い、喜ぶところで映像は終わり、

そこに・・弟ジュンモが訪ねてきたという連絡が入って番組は終わります。


4兄弟が揃わなかったのが、心残りですが、

ジュンモが元気に生きていて、よかったです。



ガンモは

「最初から、俺の敵はあなたではない、

 あなたのようなヤツが、成功する世の中に・・

 俺が勝ちたかったのは、

 悪に蝕まれた腐った世の中だった」 と




結局、ピリョンは、刑によって社会からは、葬られたけれども、自殺してしまう・・

「自殺」は、残されたものは、気持ちのいいものではないような気がします。

この結末しかなかったのかしら・・・


韓ドラは、自殺で決着をつけることが、たまにあるけれども、

あまり後味はよくないように思います。

もっとスカ~っとした後味がほしかったかな。。

いいドラマだっただけにね!欲張りかしら?^^



そうは、言っても、久々に見応え十分でいいドラマに、出会いました。

最後まで、楽しませてくれたと思います。

子役からだと、本当に情が移るわ~!!

皆さんの幸せを祈ってしまうわね^^







 

KNTV HP

SBS公式HP



にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村
포치 해 주세요~❤

『ジャイアント』あと1話!

全60話の『ジャイアント』も、残すところあと1話になりました。



<1970年から1992年までに都市開発が盛んな、ソウル江南(カンナム)を背景に、

 三兄妹の成長と愛を扱った作品>


59話は、1992年になりました。

ここまで来るのに、本当に長かった~。

毎回、ハラハラドキドキ、どんな企みや かけ引きがあるのか、

腹の探りあいの連続で、飽きることなく59話まで、

駆け抜けてきました。



3兄妹イ・ソンモ、イ・ガンモ、イ・ミジュの父が、殺されたところから、

すべてのドラマは始まります。

3人の兄妹は、ばらばらになってしまい、お互いに行方もわからず、

それぞれの道を歩いてきました。



兄妹が再会したときは、涙なしでは、見られませんでした。

幼い子どもたちは、どれだけ・・苦労してきたことか・・


父を殺した犯人への復讐を誓い、3兄妹は生きていきます。

その間の、試練は果てしなく続き、

今、思い返しても「よく生きてきた!」と思うぐらい

長い長い道のりでした。


残り1話にして、まだ彼らの「思い」は、全く遂げられていません。

それどころか、5年間行方不明だった兄、ソンモ(パク・サンミン)はあんな状態になっていて・・・(涙)

父を殺した復讐相手のピリョンは、のうのうと生き、首相に内定するなど、

さらに辛い試練は続くのでした。



冷血なピリョン(チョン・ボソク)は、自分の野心・野望のためならば、

息子を息子と思わず、自分にとって邪魔な存在は、誰かれ構わず、目の前から消してしまうなど、

方法と手段を選ばず、成功を成し遂げようとします。

ソンモの部下チャンソン(ファン・テカ)とオ議員(キム・ハクチョル)が

殺されてしまったときは、残念すぎて、本当にがっくりしました。。


そして、気の毒なのが、息子ミヌ(チュ・サンウク)。

どんなに努力し、どんなにあがいても、結局は、父の手の中からは逃れられない・・

しかし、ミジュ(ファン・ジョンウム)を心から愛する姿が、とてもかわいらしく、

万宝建設の会長としては、許せない部分が多いけれでも、

ミジュに関しては、なんとかしてあげたいと思うくらい、一途です・・

ミヌは、冷血なピリョンに「幸せですか?」と聞く場面がありましたが、

ハッとさせられました。

何とも憎めないミヌに、「幸せ」が訪れてほしいと思いましたよ。



残り1話。

59話は、首相になろうとするピリョンへの聴講会が開かれたところでした。

ピリョンの過去などが、暴かれるだろうが、したたかなピリョンは、

どう切り抜けていけるのか、はたまた・・・

そして・・3兄妹の末の弟ジュンモが登場していないので、これも気になるところです。


最後は、3兄妹の「思い」を、こちらもスカ~~ッとするように解決してほしいですが、

確か、1話で観たのが、「最後」の場面よね~。。

あの場面に行くまで、ガンモ(イ・ボムス)とたちと、駆け抜けたいです。


とにかく、骨太な脚本とよ~くできた話に、毎回満足してきたドラマだけに、

最後を迎えるのは、楽しみとともに、ちょっと残念な気分です^^


韓国では、1話は10%ぐらいの視聴率でスタートしましたが、

最終回は、40%を超えたそうです(TNMS調べ)

是非、期待したいです!











にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村
포치 해 주세요~❤





面白い『ジャイアント』!!

先日、朝起きたら・・目が腫れていた。。

何で~?どうして?と思ったら。。

原因は前の晩に観た『ジャイント』のせいだった。

兄妹が、ようやく再会したところは、涙なしでは観られなかった。。


というわけで、近くにいるにも関わらず、気付かずにいた兄妹が、

ついに「再会」できたのでした。


兄妹の今までの苦労を思うと・・


長男イ・ソンモ(キム・サンミン)は、追ってを巻くために、自ら列車から飛び降り、

その後、命がけで、父の仇、チョ・ピリョン(チョン・ボソク)の元、中央情報部にもぐりこみ。。


次男イ・ガンモ(イ・ボムス)は、母と妹、生まれたばかりの弟とともに

その後、母を、旅館の一酸化炭素中毒で亡くし、赤ちゃんの弟を里子に出し、妹ともはぐれてしまう。

ひとり逞しく生きているところ、ファン・デソプ(イ・ドクファ)の元で働くことに・・



妹イ・ミジュ(ファン・ジョンウム)は、兄だと思って追ったバスに乗り込んだところ、

兄ではなく・・・そのまま養護施設に。。


3人の兄妹の今までを思うと、それぞれどんな苦労をして来たんだろう。。

どんなに会いたかったのだろうと、胸が締め付けられる思いがします。


しかし、ガンモは、自分を殺そうとした男が、実は兄のソンモだったことを知らず

また、殺人容疑で捕まり、それこそ命がけで、そこからの脱出を図るなど。。。

これから先も、目が離せません!!


実に、脚本が上手で、感心します。

兄妹がはぐれてしまうところ、

一酸化炭素中毒の宿でガンモとジョンヨン(パク・チニ)、ジョンヨン母(キム・ソヒョン)が

出会っていたこと、

兄ソンモが中央情報部に入り込んだ状況など、

どれをとっても、よ~くできているので、ドラマに入り込むことができます。


しいて突っ込むならば・・

ソンモがホン会長から受け取った、ミジュの書類に

イ・ガンモ 1958年生まれ・・と訳が出ていましたが、

壁にかかっているカレンダーは、いつも1979年。。

ということは、ガンモは、今現在、21歳という設定。。

ガンモは、ジョンヨン、チョ・ミヌ(チュ・サンウク)、ジョンシク(キム・ジョンヒョン)と

同級生で、みな21歳なんだ。。

そのくらい、ドラマの出来からすれば、大したことではなく、

なんとか我慢できるでしょう。


とにかく、作り方も、『イ・サン』と同じで、毎回「ここで終わり~!!??」と

後引くドラマです!!



前回は、ミヌとミジュが出会いましたね。。

また今週も楽しみな『ジャイアント』です。



SBS公式HP




GIANT1






にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村








見ごたえ十分『ジャイアント』!

先週からKNTVで始まっている『ジャイアント』。

ようやく観出したところですが、とても見ごたえがあって、

スケールも大きく、なかなか面白いドラマです。



<70年代の街の胎動期を背景に、三兄妹の成長と愛を描いたドラマだ。>
(Daum)

出演者はごらんの皆さん。


男性陣は、『テジョヨン』に出演された方が多く、同窓会のように出演されてる!と思ったら

脚本が「テジョヨン」の方でした。

イ・ヘゴのチョン・ボソクssi、ソリンギのイ・ドクファssi、フクスドルのキム・ハクチョルなどなど・・


今はまだ子役時代。

主演のイ・ガンモには、ヨ・ジング君・・イルジメの時、イ・ジュンギの子役の子。

おとなになるとイ・ボムス・・まだ観てないけど、納得がいきますが・・


ガンモの兄、ソンモの子役は、『クリスマスに雪は降るの?』でコスの子役だったキム・スヒョン君。

おとなになるとパク・サンミンssi・・何か縮んだ感じ・・

スヒョン君は、スラ~っとしてるのに、サンミンssiは、あまりスラ~っとしてない。。

あまりイメージを変えないでほしかったわ。。


ガンモの妹・・この子もとっても上手です。 演技が自然。作ってないところが素晴らしいです。

大人になるとファン・ジョンウム。。どんな感じかしらね。





登場人物が、それぞれ絡み合っていて、面白いです。

とても上手に作られていて、自然とドラマに入り込めて、

しっかりと登場人物や相関図も把握することができます。



70年代、まだ開発途上だった江南。

これから、どうやって今のような江南になり、ガンモになっていくのか・・

とっても楽しみです。





SBS公式HP


KNTV HP



GIANT1
(Daumより)






にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村