ここなつ☆のきまぐれひとり旅2

がんばろう!日本  がんばろう!東北!
071234567891011121314151617181920212223242526272829303109

『広開土太王』ようやく視聴終了。。よかったスン☆^^

KBSWで放送されていた『広開土太王』の視聴が、ようやく終了しました。

テレビでは、6月27日に終了していたので、1ヶ月遅れで、見終わりました。

全92話。リタイヤせずに、よく頑張ったわ~^^


<高句麗の復興期を築いた"広開土太王"の一代記を描いた大河史劇>(Daum)


「広開土太王」と言えば、ヨンさまの『太王四神記』もそうでしたけど、

あれは、ファンタジー時代劇で、太王が中原を平定していったことは、

うっすらわかったけれども・・

歴史的なことが、あまりよくわからないで、観てしまったわ。。

でも、この『広開土太王』は、歴史もよくわかったし、

「広開土太王」が、どれだけ偉大であったかも、よ~くわかりました!

共演のスン☆(キム・スンスssi)が演じるコ・ウンも、実在の人物で、

本当に、後燕から、北燕の初代王になったそうです。

『太王四神記』にも、コ・ウンは出演していたようです。。

今!観たら、「コ・ウ~ン!」って、わかるでしょうね^^



コ・ウンは、とても良心的に生きてきたにもかかわらず、

運命に翻弄され、高句麗から後燕で、生きなければならず、

気の毒に思っていました。スン☆だし・・

結局、最後は捕らえられ、殺されてしまうのだろう・・・と思っていたら、

タンドク(イ・テゴン)によって許され、後燕の皇帝に命じられ、

高句麗人として、民の夢のために生きるようにと言われ、

コ・ウンもそれを引き受けるのでした。

後燕をはじめ、北魏、新羅、百済は、高句麗の属国に・・

ドラマでは、倭国を諸侯国に・・と言っていましたけど、

それは、ちょっと違うでしょう。。


いずれにしても、高句麗の最盛期を築いたことには、違いないでしょうね。

このドラマで「後燕」の存在を、よ~く知ることになったのですが、


「後燕」とは・・

中国の五胡十六国時代に存在した国。

華北を統一した前秦が383年の淝水の戦いで東晋に大敗した後、

前燕の将軍だった慕容垂によって建国された国(384年 - 407年)。

中山(河北省定県)に都し、華北東部と遼西を領有した。(Wikipedia)

Wikipediaには、

後燕の漢人将軍馮跋が慕容熙を廃し、高雲を擁立(北燕)。 と書かれていますけど、

あの「将軍馮跋」は、コ・ウンのあと北燕の2代目の王になるそうです。

あの人がね~^^馮跋も、波乱な人生ね。。


戦いばかりのあの時代に生きた人たちは、

どれだけ平和を求めていたことでしょう。

タンドクによって、長い戦いの時代から平和の時代にかわったことは、

民にとって、夢であり、希望がかなったのでしょうね。


最後まで、スン☆が出演して、ほんとに何よりでした。^^



ー おわり -


20120430sunsu
(写真:Naver)

8月23日からBS日テレでも、放送されるそうですよ!


KBSW HP


KBS HP


にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村
↑포치 해 주세요~❤









私も終わりましたよ。
ドラマもまぁまぁ良かったし、スン☆はもちろん良かったし、
何より ここなつさんがリタイアしなくて良かったわ^^
私も歴史的な事はいつもWikipediaで見てしまうので ピンチになっても安心して見ています。
コ・ウンや 憎たらしい馮跋は「公開土大王」の活躍で すっかり引き立て役ではありましたが スン☆の存在があってこそのドラマでしたね。
途中で何人もの登場人物が消えていなくなり、王妃に至ってはタムドクの子供が産まれたのかさえ分からずじまいで???
後半の方はちょっと俳優の登用がお粗末だった気がしますがいかがでしょうか?
それともベテランたちは自ら抜けて行った?なんてことは無いでしょうねぇ~~~???
【 2012/07/24 】 編集
頑張りました!^^
4にゃんさん^^
お忙しいところ、お遊びにいらしていただき、ありがとうございます!!
今回も鋭い切り口でうれしいです^^
ドラマも、4にゃんさんがおっしゃるようにまぁまぁ良かったと思います。
スン☆も最後まで、頑張ったし!!
スン☆が頑張った分、リタイアせずに頑張れました!!
憎たらしい馮跋も、弓でやられたかと思ったら、またまた生き延びましたね~。
結局、最後まで頑張りました(笑)
途中で、いつの間にか消えた方、結構しましたね。
王妃は、オープニングに毎回出てきますけど、ドラマには出てきませんし、
せめて、セリフの中だけでも「消息」を知らせてほしかったですよね~!!
また、最後は、いい方がどんどん亡くなってしまい・・
策士のハ・ムジがあそこで亡くなるとは思いませんでしたよ。
ハードなスケジュールでお疲れになったかしら??
突っ込みを入れたら、キリがありませんが(笑)
イ・テゴンssiが、毎回睨み付ける演技で、すっかり二重まぶたになったところも
注目したいと思います><
【 2012/07/25 】 編集
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL