ここなつ☆のきまぐれひとり旅2

がんばろう!日本  がんばろう!東北!
071234567891011121314151617181920212223242526272829303109

あれから1年半・・・

今日で、あの東日本大震災から1年半が経ちました。



8日の土曜日に、奥松島の方に行って来ました。

ここは、以前にも訪れたことがあるのですが、

今回の震災で、大きな被害を受けたと聞いていたので、

どうなっているのか、気になっていました。


奥松島には、野蒜海岸というところがあり、

2010年4月に訪れ、ブログにも書いていました。

そのときの記事


とても穏やかな海で、近くにはいろんな施設などもあり、

車を駐車して、歩いて海岸まで行ったことを覚えています。


しかし、今回訪れてみたところ、

駐車していたところの施設は、津波でなくなり、

ガレキもまだまだ積まれたまま、

海でなかったところに、津波の引けてない水が溜まり、

たくさんの木が植わっていたのが、まったくなくなり、

ところどころには、1階部分が津波で抜けてしまった家が建ち・・

野蒜海岸は、石が高く積まれて、入れないようになっていました。

あの穏やかだった海岸が・・

とても胸が痛む思いです。。


主人が泊まったことがあるという民宿村一帯も、

やはり津波で流され、高台に仮設住宅が建っていました。




同じ奥松島にある「縄文村歴史資料館」は、津波による被害が少なく、

縄文の遺跡もほとんど無事だったそうです。

先人たちが住んでいたところには、それなりの理由があったのですね。

すごいわね。





しかし、現実には、1年半が経ち、なかなか思うように復興が

進んでいないようです。



私たちができることは、被災者のことを忘れないこと。

そして、ほんの少しでも、心の傷を癒すお手伝いができれば

さらにいいと思うのです。




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


【 2012/09/11 (Tue) 】 東日本大震災 | TB(0) | CM(4)
綺麗な海辺だったのですね…
地震って、ほんとに怖いです。津波というものが、これほどの威力があるなんて…
福岡の私鉄会社で、東京に物流部門の本部を置いてる会社に勤務している息子が、8月に、宮城県南三陸町に瓦礫処理のお手伝いに行って来たそうです。会社では、被災時から交代で、お手伝いに行っているそうですが、なかなか復興も進んでいないようですね…
【 2012/09/12 】 編集
そうなんです。。
キムコさん^^
いつもは、とても穏やかな海なのに・・
津波の威力は、想像以上だと思います。
息子さん、こちらにいらしてガレキ処理をされたのですね~。
すごいことだと思いますし、本当にありがたいことだと思います。
皆さんの手を少しずつお借りしながら、復興して行けるのだと思います。
感謝の気持ちでいっぱいです。
【 2012/09/12 】 編集
ここなつさん^^
月日の経つのは早いものですね!!今でも国内史上最大規模の巨大地震。自然驚異の容赦なき恐ろしさを今でも鮮明に覚えています。被害に遭われた方の心中をお察しすると心が痛いです。
次は、南海トラフ沖地震があると新聞で読みました。いったい日本はどうなるんでしょうか。なので、悔いのない人生を送るためにも命がある限り自分らしさを失わず前を向いて頑張ります。
【 2012/09/14 】 編集
Re: タイトルなし
アジュマさん^^
東日本大震災から1年半も経ちましたが、被災者の皆さんの心はなかなか癒されずにいます。
少しずつでも元気になってほしいと願わずにはいられません。
今年は復興元年。元気な姿が多く見られるといいのですけどね。
南海トラフ沖地震の予想被害状況が発表されたときは、かなり驚きましたが、
発表から時間が経ち、気持ちが少し落ち着いてきたのではないですか?
しかしアジュマさんがおっしゃるように、毎日頑張って生きることが大切だと思います。

【 2012/09/14 】 編集
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL