ここなつ☆のきまぐれひとり旅2

がんばろう!日本  がんばろう!東北!
071234567891011121314151617181920212223242526272829303109

イトゥク、軍のミュージカルに出演♪

今週は、パソコンも開く時間もあまりないぐらい忙しくて、

しばらくお休みしようかと思うほどでした。。

しかし、このニュースを目にして、

また、記事にしたくなってしまいました!


イトゥクたちが、軍のミュージカルに出演するとのことです。

入隊して間もなく、消息を知りたかったところなので、

うれしいニュースだと思います。

ミュージカルには、ほかにチ・ヒョヌssiや

入隊するときに話題になったキム・ムヨルssi

超新星のユナクなども出演するとのことです。



俳優キムムヨル、チ·ヒョヌ、スーパージュニアのイトゥクが、

国防部と陸軍本部、(社)韓国ミュージカル協会が共同で製作する

ミュージカル"The Promise"に出演する。

"The Promise"は現役将兵キムムヨル、スーパージュニアのイトゥク(本名パク·ジョンス)、

チ·ヒョヌ、超新星のユナク(本名ジョンユンハク)、

エイトのイ·ヒョン、チョン·テウなど

ドラマや映画、音楽の分野など、様々なジャンルで活発に活動してきた演技者と

歌手たちが公演に大挙参加する。

現在訓練所に入所して教育を受けているイ·ヒョンとイトゥク(本名パク·ジョンス)は、

退所後の練習に合流する。

彼らと一緒に去る9月に現役将兵らを対象にしたオーディションを通じて

選抜された30人余りの俳優も出演する。

現在MBC '見たい'に出演中で、ミュージカル"エビータ"、 "アイ·ラブ·ユー"などの作品に参加した

パクソンオなど一般的なミュージカル俳優たちも少数参加する。

現役将兵と国内最高の製作陣が参加するミュージカル"The Promise "は

6.25戦争初期状況を背景にストーリーが展開される。

北朝鮮軍の空襲南侵から個性-ムンサン戦闘、

火霊障の戦いに続いて6.25戦争当時最も熾烈だった激戦地と呼ばれる

多浮動戦闘に至るまで、緊迫した戦時状況で

苦楽を共にして生死を共にした7人の戦友の話が生き生きと収録される。

特に今回の公演は、祖国や仲間たちを守るために犠牲を選択した者と

彼との約束を守るために努力する戦友たちの姿を描き出すなど、

ヒューマニズムに焦点を合わせて観客たちに深い感動を伝えるようになる。

60余年前に起こった6.25戦争は私たちに洗うことができない痛みを与えたが、

愛と分かち合い、人間の尊厳を実現するきっかけにもなった。

特に"The Promise"の原動力は何よりも国内ミュージカル界を導いていく

最高の実力の製作陣が力を集めたという点だ。

ミュージカル"The Promise"を陣頭指揮するジナ演出は

ミュージカル"光化門恋歌'、'西便制'、'ラ梶"などを演出した

名実共に韓国最高の演出家であり、

ソユンミ作家は恐ろしく浮上した新人作家で

演出家としてミュージカル"三千" 、 "ブラックメリーポピンズ"、 "小麦党の誕生"などで

話題を集めてきた。

ミュージカル界で注目されている二創作真意出会いだけでも期待を集める。

"The Promise"は、国立劇場ヘオルム劇場で来年1月9日から20日まで公演する。

チケットオープン日は12月5日である。(お問い合わせ1666-8662)




記事元


ごめんなさいね。ホンヤッキ~のものをそのまま載せてしまいました。

ちょっとわかりづらい文ですけど、

ミュージカル界で注目されている2人による作品のようだし

出演者もイトゥクなどで、期待を集めるのは当たり前ね。

チケットは、今日5日から発売なのね。





にほんブログ村
↑포치 해 주세요~❤



【 2012/12/05 (Wed) 】 韓国関係 | TB(0) | CM(2)
お帰りなさいませ!
ここなつすわん!
 お帰りなさいませ~っ!┏○ペコ
 弾丸ツアーでも、御令嬢と御一緒だから、楽しかったでしょ~?(^。^)?
さてさて…。
 この話題!
 私も、ニュースを見付けました。
 何だか、豪華な顔触れですよね。
で…。
 イトゥクさん!
 芸能兵に決定なのかしら~?と思ってしまいました。
【 2012/12/05 】 編集
ただいま戻ってきました!!
KANAさん^^
戻って参りました!
本当に、超弾丸でしたけど、結構楽しかったです。

イトゥクさん、芸能兵に決定だそうですよ。
ここでも、さらに芸を磨いてほしいですね^^
【 2012/12/05 】 編集
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL