ここなつ☆のきまぐれひとり旅2

がんばろう!日本  がんばろう!東北!
061234567891011121314151617181920212223242526272829303108

『シンドローム』視聴終了。。

毎回、超楽しみにしていた『シンドローム』

視聴終了・・してしまいました。。


<人間の生命の中枢である "脳"を手術する "神経外科医"を通じて

 人間の喜怒哀楽はもちろん、彼らの内部の欲望、競争、愛、友情などを

 見せてくれる正統メディカルドラマ >(Daum)


人を実験材料にして「脳地図」を作り上げたチャ・テジン(チョ・ジェヒョン)。

その事実を知ったまわりの医師たちは、

カレの罪を暴くために、ある作戦を展開するのでした。


テジンの本当の息子ウニョン(パク・コニョン)は、

自分と母を捨てたテジンを憎みながらも、

父がヘジュ(ハン・ヘジン)の父を失明させた罪など

ひとりで抱え込んでいたが、

やはり「正しい道」を選び、父の罪を償わせるために

作戦に参加するのでした。。。


息子を信じて「脳地図」を渡したテジンでしたが、

息子に裏切られ・・

カレは、かつて、そして今も愛しているウニュンの母ヒヨンを訪ねます。

「脳地図」のパスワードに使うほど愛していたのね。。

アルツハイマーのヒヨンは、昔のままのテジンを愛し続け

純粋だった自分を思い出し、ヒヨンを裏切った自分を責め・・

自殺を図るのでした。

あ~また、自殺。。『ファントム』と同じ道かと思って、

がっかりしたのですが・・

『シンドローム』は、自殺をしても命だけは助かり・・

しかし、脳死状態に陥るのでした。


そして、「息子たち」は、父の体を臓器提供することに。。

人の脳を勝手にいじった罰として・・

最後は、少しは人のためになったと言えるでしょうか。



神経戦のドラマだけに、張り詰めた緊張感のある展開で

ギクシャクした緊張感が、少しずつほぐれてきたのは、

みんなの「心」が、愛によって

血の通う温かいものに変わってきたからだと思いました。

それは、コニョンssiの「心」の変化が

大きかったと思います。

ヘジュのまっすぐな心と愛が正しい道へと導いてくれて、

コニョンssiも心を開くことができたと思います。

コニョン派の私としては、

最後までヘジュとになることを、祈っていたのですが^^

やっぱりソン・チャンウイssiと・・になってしまったわね。

超残念!!

ウニョンが、ヘジュを誘い、食事に行くところで、

うっすら浮かべる微笑が、ウニョンの気持ちをよく表していたと思いました。


ヘジュの同期の医師(キム・ホチャン)が、

ヘジュに結構、いいことをアドバイスします。


最後も

  人のために動揺するな

  自分を疑ってもダメだ

  人ではなく

  お前の心にある価値を追うべきだ



「自分の心の価値」を聞くことは大切ね。

いい言葉をもらった気がしました。


また、脳神経外科について、

ほんの少しですけど、実状?が見えたかしら。




番組終了のときにスタッフたちの写真が出るのは、

本当にうれしいわね。

みんなで作り上げたという気もちが伝わってきます。

その写真の中で、

コニョンssiが、チャンウィssiの背中に聴診器を当ててる写真が

あったのですが・・すごくいいショットでした~!



syndrome1.jpg


実は・・これ

ヘジュの大切な聴診器で・・

厳しい患者を診察。

しかし・・患者は、熱心に会議に集中。


これには続きがあって。。


syndrome2.jpg

  
"うーん..深刻だ。?"

最善を尽くして診断されているカン先生

何か感じて振り返るチャ先生

"..何?" "先生何かあります。?" "オッ!"

と続くのでした!


緊張感のあるドラマですけど、

撮影現場は楽しそうね!!




KNTV HP




おわり


 



にほんブログ村
↑포치 해 주세요~









最近、またコニョンssiが歌うMAKEの『時間旅行者』を

よく聴いています。

以前は、Youtubeにフルコーラスがあったのですが・・

(このブログにも載せたけど)

今は、短いものしかなくなってしまい、残念。

長いのをダウンロードしておいてよかったわ^^





コニョンssiは、今、パリ?に

いらしているようです。

パリでなかったらごめんなさい。。

ロンドンでお芝居をご覧になったみたい

「ご招待券」をお持ちになっていました^^

昨日も、美術館で楽しくつぶやいていました!





にほんブログ村
↑포치 해 주세요~


コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL