ここなつ☆のきまぐれひとり旅2

がんばろう!日本  がんばろう!東北!
071234567891011121314151617181920212223242526272829303109

李舜臣(イ・スンシン)使用禁止仮処分申請。。

土曜日から『私の娘ソヨン』の後続番組として

始まった『最高だ 李舜臣(イ・スンシン)』に問題が・・

題名で使われている<李舜臣>

勝手に使わないで~!ということで、

「李舜臣使用禁止仮処分申請」が受理され、注目を集めているそうです。



KBS 2TV週末ドラマ"最高だ李舜臣"が"李舜臣"という名前をめぐり論難に包まれた。

グローバル青年連合であるジエン(DN)は、

KBSを相手に"最高だ李舜臣"のタイトルは、

主人公の名前使用禁止と放映禁止と著作物処分禁止の仮処分申請を

6日、ソウル中央地方裁判所に提出。

ジエンは""将軍のようにたくましく呼ばれた李舜臣が

ドラマでは、"特出することがない"などのイメージで再現される"とし、

"既存の李舜臣のイメージが明確に毀損される"と主張しています。


これに対してKBSは、

"主人公李舜臣の成長ドラマであるだけで

さげすむ意図は全くない"と

既存のタイトルを固守する意向を明らかにしました。



記事元


今後の展開によっては、タイトルを変えないといけない??

普通のミニシリーズとは違って、

この時間帯のドラマは長丁場のドラマが多いし、

視聴率もいいし・・

初回から、やや難しい問題が生じてしまったわね。



続きもどうぞ・・長いですけど。。





にほんブログ村
↑포치 해 주세요~❤
他の記事にはこんなことも書かれていました。


アイユとチョ・ジョンソクを主演に掲げ

キャスティング発表が出た後あちこちで懸念の声が聞こえてきた。

しかし、いざ蓋を開けてみると、懸念していたのに対し、

二演技者は結構悪くない演技を見せた。

演技が上手だと言うほどではなかったが、

懸念に比べてまあまあ良い姿だった。

本来週末8時のドラマは、ほぼすべての世代を一緒に視聴層を確保していた。


しかし、 "最高だ李舜臣"の1、2話を見たとき

誇張された行動とコミカルな設定は週末ドラマというより

シチュエーションコメディを見ているような感じだった。

しかし、これらの演技や設定よりも話題になったことがあった。

わずか2回の放送後に "最高だ李舜臣"を話題の中心に投げたのは、

まさに "李舜臣"という劇中の人物の名前とタイトルだった。

スンシンという名前だけ離してみるとやぼったいようで

情感行く名と覚えも容易である。

しかし、よりによって韓国の偉人、忠武公李舜臣と同じ名前だった。

ドラマの中で出てきたセリフがいくつか問題があった。

独島といくつかの問題で日韓関係が非常に良くないこの時点で

"名前が李舜臣であれば、独島を守るために"というセリフや、

劇中スンシンに向かって "100ウォンだ"という李舜臣を貶めるようなセリフについて

一部視聴者たちは李舜臣将軍を卑下することで感じることもした。

弱り目にたたり目で "最高だ李舜臣"放送が出た後、

ポータルサイトで "李舜臣"を検索した時、

李舜臣将軍ではなく、

アイユが演じたドラマのキャラクター "李舜臣"が最も上位の結果となった。

多くのネチズンたちはこれに対して歴史教育も減るのに

子供たちに正しくない歴史認識を植え付け与えることになるのではと

心配するようになりそう "最高だ李舜臣"のタイトルとキャラクター名が

論議の的になり始めた。

これは、米国の検索エンジンと比較になる。

最近、米国の歴史的な大統領リンカーンの生涯を映画化した

スティーブン·スピルバーグ監督の "リンカーン"が封切られた。

もちろん主人公の名前もリンカーンである。

Googleでハングルと英語でリンカーンを検索したときに

最も上位に出てくる結果はアブラハムリンカーン大統領であり、

話題になる映画はその次だった。

ポータルサイトで話題にされる検索結果を上位に配置するのは

当然の選択だったかもしれないが、この件については少し軽率だった。

もちろん、現在は検索結果の配置順序が変更された状態である。

その後、検索による問題は解決になった。

もうドラマの問題だけが残った。

ドラマはフィクションの物語でありキャラクターは

フィクションの人物であるだけだ。

作り話にいちいち没頭して問題にする必要はありません。

しかし、 "最高だ李舜臣"を見て、

多くの人々が李舜臣将軍を卑下するかのように感じ気分が悪かったと

製作陣はこれを十分に考慮する必要がある。

かといって、あえてドラマのタイトルと主人公の名前を変更する必要はないと思う。

李舜臣将軍と李舜臣将軍の最後の言葉で知られている

"私の死を敵に知らせてはいけない"はできなく

ギャグとして使用されている素材である。

これは、これまで視聴者から別言葉がなかった。

卑下ではなく、ギャグ素材としては許可があれば

ドラマのタイトルと登場人物の名前として使用することもできるはずです。

ただ、 "最高だ李舜臣"の制作陣は、劇中の人物スンシンの描写が

李舜臣将軍のイメージにしてはしないように気を傾けてほしい。

一方、李舜臣使用禁止仮処分申請論難に対して

ネチズンたちは"李舜臣使用禁止仮処分申請論議本当にこれはちょっと違うようだ"

"李舜臣使用禁止仮処分申請議論ではなく、正しいことである"など

さまざまな反応が出た。



記事元


韓国にとって、李舜臣は、日本を破った英雄。

文化の違いだと思いますけど

名前の使用禁止仮処分申請をすることについて

ちょっと理解はしにくいです・・

そこまで・・なのでしょうね。



韓国は、昨日の3.11の式典に

「事務的な連絡ミス」で欠席したそうですが

とても残念でした。

韓国は、震災直後、いの一番に支援をしてくれました。

なのに「事務的な連絡ミス」という理由が悲しいです。

そんなものなのね・・





にほんブログ村
↑포치 해 주세요~❤


【 2013/03/12 (Tue) 】 韓国ドラマ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL