ここなつ☆のきまぐれひとり旅2

がんばろう!日本  がんばろう!東北!
0512345678910111213141516171819202122232425262728293007

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『福寿草』64話まで。。ヨナ、負けるな!

KNTVで放送中の『福寿草』64話まで。

今週も、楽しませていただきました。

謎のジュリア会長も、その正体がわかってきたわね。




ヨナ(イ・ユリ)が企画したものを、

またまたユラが横取り。

ヨナは、ヨナオンマが言葉を発したという嘘の電話をしているところを

わざとユラに聞かせ、焦ったユラ(ユン・アジョン)は急いでその病院に・・

しかしそこには、ヨナオンマがいるわけがなく、ヨナの罠に

まんまと引っかかるユラでした。

このことで、ユラにとって、ヨナオンマが言葉を発すると

まずい何かを知っていると、ヨナは確信するのでした。


ユラが病院に駆けつけてるころ、

代わってヨナがメイクのイベントをして、大成功!

自分の企画をしっかりとこなすのでした!


イベントが大成功したヨナは、ジュリア会長と面会。

それを知ったユラが駆けつけ、

ヨナが殺人の前科者だと告げ、ヨナは追い出されてしまうのでした。


実はジュリア会長は、ガンウク(チョン・チャン)とは旧知の仲。

ガンウクは、ヨナのことを偏見を持たず、能力だけを見てほしいと

伝えるのでした。

ヨナは、精一杯訴え、スパイの容疑も

ユンジェ(ヒョン・ウソン)が晴らすなどして、

信用も得るようになるのでした。


一方、ユラの父、長官は、相変わらずパク刑事と関わり・・

チェ・ヘランとミンジャとの関係をつかみ、

チェ・ヘランはミンジャによって家を追い出され、

アメリカで事故に・・

チェ・ヘラン=ジュリア会長こそ、

ユンジェのオンマだったのでした。

ジュリアは、催眠療法で見た子供が書いてた蝶の絵を

ユンジェが描いていたのを見たけれども・・

それから、黄色い福寿草も、キーポイントかな^^


そうそう、この2人は、ヨナオンマの行方も捜していたわね。。



ヨナは、長官とパク刑事の関係を

あらゆるところに苦情として投書をするものの

もみ消され・・しかし大統領府にまで投書をし

証拠の写真も準備するなど、

一時は、長官の退任まで追いやり窮地に陥るのですが、

長官の母親が、上司に絵画を送り、

またもや事なきを得るのでした。。やってられないわね!

この国の法の番人たちは、いったい・・



ヨナは、長官の家に忍び込み、

母が書いたと言われる遺書を見つけ出し、

それを筆跡鑑定に出すのでした。

ニセモノであるならば、

自殺と見せかけた犯人を割る出そうと。。



ヨナは、何とかジュリア会長のメイクをするチャンスを得るが、

それを聞いたユラは、ジュリア会長を訪ね、

ヨナには前科があり、そんな人が会長のメイクをすることは、

弊社の名を汚し、会長にも失礼にあたるので、

私にお任せくださいと・・・

しかし、会長は、ジェイ社に頼んだのではなく、

個人的にヨナに頼んだので・・と断る。

ユラは、偶然、会長がハチ毒アレルギーたというのを聞き、

ヨナの化粧品に、ハチ毒アレルギーを仕込むが、

誤って、自分の手にもハチ毒の注射針を刺してしまうのでした。。。


来週は、ユラのハチ毒にやられた姿からだったわね。

まさか、ハチ毒なんかが出てくるとは・・想像もしてなかったわ^^

来週もどんな展開になるのか、超楽しみよ~!




ところで、今週は、オンマの姿がなかったわね。いつもリハビリで・・

病室には、スエとキム社長だけが・・

スエから飴を口に入れられたキム社長がかわいかったです。。

キム社長ことカン・ソクジョンssiとイ・ユリさん、とスエのミン・ジヒョンさんが

撮影休憩時間に一緒に撮った写真が載っていました。

185cm長身のカンソクジョンssiが足を開いて、2人の身長にを合わせています。

20120611fukujusou.jpg
(写真:Daum)


足がとても長いけど、靴も大きいわね~^^

楽しい現場の雰囲気が伝わってくるわ。

復讐劇ですけど・・

キム社長もすっかり2人を信用している感じ!






にほんブログ村
↑포치 해 주세요~❤

















コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。