ここなつ☆のきまぐれひとり旅2

がんばろう!日本  がんばろう!東北!
0512345678910111213141516171819202122232425262728293007

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『三銃士』第1回放送・・大健闘!

ヨンファ、イ・ジヌクたちが出演する『三銃士』が

昨日第1回放送されました~。

第1回は「初めての出会い」で、平均視聴率が2.8% 

最高視聴率が5.1%で、順調なスタートを切ったようです。

特に女性の10代から40代の視聴者層で、同時間帯視聴率1位を記録。

熱い関心を証明した!ということです。

また男性でも10代、40代の視聴者層も同時時間帯視聴率が1位で

首都圏では、最高視聴率が6.7%まで上昇しただけでなく、

放送開始前後、「三銃士」「ソヒョン世子」などの関連キーワードが

主要なポータルサイトの上位圏にランクされたということです。
(ニールセンメディアリサーチ/ケーブル、衛星、IPTV統合した有料のプラットフォーム/ tvN、Mnet、ストーリーオン、オンスタイル、OCN、囲碁TV、中華TV、オンゲームネット、チャンネルCGVなど9チャンネル合算基準)




ドラマ、第1回「初めての出会い」編では、

武科に挑戦するために、漢陽に上京するダルヒャン(チョン・ヨンファ)の

孤軍奮闘が興味深く繰り広げられ、

自称「三銃士」と称するソヒョン世子(イ·ジヌク)、ホ・スンフォ(ヤン·ドングン)、

アン・ミンソ(チョン・ヘイン)とダルヒャンの運命的な初めての出会いが描かれた。


武科を払って子供の頃結婚を約束したユンソ(ソ·ヒョンジン)を

探して出ようとしたダルヒャンは

ユンソが世子嬪(セジャビン=皇太子の妻)になったというニュースを聞いて、

試練に陥るようになるなど、

シーズン1の大長征の開始を知らせる興味深い事件との出会いが

整って、吸引力がように展開された。


特にダルヒャンの初恋とソヒョン世子の妻が同じ女性であるという事実が明らかにされる過程は、

断然1回のハイライトとして挙げられている。

ソヒョン世子はダルヒャンの初恋ユンソであり、自分の妻となったカン妃が

以前にダルヒャンに送った恋文を発見する。

ソヒョン世子は自分の身分を隠したまま

ダルヒャンにユンソがセジャビンになったことを知らせ、

ダルヒャンは涙を流した。

ダルヒャンの才知の鋭さの可能性を調べてソヒョン世子は

ダルヒャンに武科にトップで合格すると、

世子の妻をむさぼろうとする謀逆を整えたという疑いを収めたいと言う。

しかし、運命はダルヒャンをもう一度テストに及んだのだ。

試験日参観に来た王のそばに座ったソヒョン世子が

自分にトップで合格を提案した人物であることを知ったダルヒャンは

誤って馬に向かって矢を撃ち、暴れる馬は王と臣下たちを攻撃して

試験場は修羅場になってしまった。

自責と同時にこのすべての騒動の原因であるソヒョンに対する怒りが沸き上がるダルヒャンと

あえなく眺めて結局笑い出すソヒョンの姿が交差し

「これからの出会いごとに行われる事件に比べれば

これはとてもわずかな開始であるだけだった」という解説ナレーションが登場して

偶然に始まった二人の男の必然がどのように繰り広げられるのか気がかりなことを高めた

そうです。


俳優たちの演技もなかなか好評で・・

素朴な田舎の青年と成功への情熱、勇気を持った青年に描かれたダルヒャンと

余裕と洞察力を備えたソヒョン世子、

ユーモアを兼ね備えたホスンフォなど、

安定した演技でありながら、俳優たちの個性が加わり

魅力的なキャラクターに描かれ、今後につながる話に期待感を加えた・・ということです。


江原道出身の熱血パク・ダルヒャン(チョン·ヨンファ分)が

朝鮮と清朝交代期の混乱した中国を行き来しながら繰り広げる活躍を盛り

全36部作を構成されており、

合計3つのシーズンに、各シーズンごとに12個のエピソードが放送される予定です。



記事元

ちょっと長くなったわね><


今回は12話ですが、全36話で3つのシリーズに分かれていたんですね~

「ひとりはみんなのために!、みんなはひとりのために!」

早くこの言葉を聞きたいわ^^



にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村
↑↑포치 해 주세요~❤
【 2014/08/18 (Mon) 】 韓国時代劇 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。