ここなつ☆のきまぐれひとり旅2

がんばろう!日本  がんばろう!東北!
091234567891011121314151617181920212223242526272829303111

映画『私は王である!』観ました^^

最近のドラマ視聴は

『たんぽぽちゃん』 『チャン・ボリ』

『ドクター異邦人』 『星から来たあなた』

の4本。

『カッコウの巣』は、溜まってしまい、

『ホテルキング』は、リタイアしてしまいました・・・

『たんぽぽちゃん』は月~金ですが、それ以外は週末に集中しているので、

なんとなく手持無沙汰?のため

衛星劇場で放送されていた『私は王である!』という映画を観てみました^^

主演はチュ・ジフンssi

衛星劇場のHPには、<2年ぶりの映画復帰>と書いてありましたが・・

そういえば、その2年前の映画

『アンティーク ~西洋骨董洋菓子店~』も

『キッチン ~3人のレシピ~』も視聴したことを思い出しました。


この『私は王である!』はチュ・ジフンさんが王と奴婢の2役。


あらすじは・・

朝鮮王・太宗(テジョン)は、

酒色雑技に陥っている長男のヤンニョン(譲寧)の代わりに

王になる気など微塵もない本の虫、三男・忠寧君(チュンニョングン)を

後継者=世子[後の世宗大王]に指名する。

しかし皇太子の座が負担に耐えられず、忠寧君は苦心の末、王宮から逃げ出してしまう。

一方、忠寧君にそっくりで、言葉より拳が先に出る多血質の奴婢のドクチルは

主人家のお嬢様を慕っているが、ある日,逆賊の子孫として追い込まれ,

宮殿に連れていかれたお嬢様を探しに行くが・・意識を失う。

目覚めると、彼は王宮で王となっていた!(Daum)


映画は、コメディ!

チュ・ジフンさんは王と奴婢をコミカルに演じていました。

こんなコメディもできるんですね~^^

後の世宗大王といえば、ハングルをつくり、お札にもなり

街中に像も立つなど、名君と言われていますが・・

実は、こうだった?というわけではないでしょうけど、

まぁ・・それなりに楽しめました。

たまに、映画もいいですね。



今日、これから東京に行ってきます。

大好きな『チャン・ボリ』も『星から来た・・』も『ドクター・・』も帰宅後・・

早く観たいわ~^^

週末は、お天気が荒れそうですが、どうぞ温かくしてお過ごしくださいね。




にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村
↑↑포치 해 주세요~❤
『私は王である』のバナー



【 2014/12/12 (Fri) 】 韓国映画 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL