ここなつ☆のきまぐれひとり旅2

がんばろう!日本  がんばろう!東北!
0512345678910111213141516171819202122232425262728293007

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

飛行機で韓国映画を3本・・

先ほど、ニューヨークから戻ってきました。

観光はあまりできませんでしたが・・

「お仕事」としては、充実して、いい旅行でした。

kokuren.jpg pangimun.jpg
国連とパン・ギムン事務総長の肖像画



行き帰りの飛行機では、映画鑑賞を。

韓国映画を3本観ましたよ!


行きにファン・ジョンミンさんの

『국제시장 国際市場』

出演は、ファン・ジョンミンさんのほかに、キム・ユンジンさん チョン・ジニョンさん

内容は・・

1950年に韓国戦争を経て釜山に避難してきたトクス(ファン·ジョンミン)の5人家族、

戦争で別れた父の代わりにトクスは

叔母が運営する釜山国際市場の輸入雑貨店「コトブンイハイ」で働き、

家族の生計を立てていく。

誰もが難しかったその時、弟の大学入学登録料を稼ぐために

鉱山労働者として残したトクスは、

そこから初恋であり、生涯のパートナーヨンジャ(キム·ユンジン)に会う(Daum)


トクスは、妹を背負い、船に乗り込むが、

途中で妹がいなくなり・・行方不明になり、

父は、妹を探しに・・そこで父と別れ、家族のために

生きていくのでした。

妹とは最後再会できるところは、胸が熱くなりました。




帰りに観たのは

またまたファン・ジョンミンさんの

『남자가 사랑할 때 男が愛するとき Man in Love』

出演は、ハン・ヘジンさん、


年だけ取って、、対策のないこの男。

まだ兄の家に頼って生き、甥にかつあげされるこの男。

貸したお金は必ず受けて来るこの男。

牧師と認め事情を見てくれない男。

女に近づくとき、ズボンから降って見るの狂気が男。

生涯の愛とは遠い一人の男が愛に覚醒!一生に一度だけ「男が愛する時」 (Daum)


映画は、お金の取立てや?のファン・ジョンミンさん、

暴力シーンばかりが続くので・・途中でやめてしまいました。


続いて観たのが イ・ソンギュンさんの

『 끝까지 간다  最後まで行く   A Hard Day 』

出演は、チョ・ジヌンさん


母の葬儀の日、緊急連絡を受けて警察署に向かっていた刑事コ・ゴンス(イ·ソンギュン)。

妻の離婚の助言、ストレス爆発寸前のゴンスは、

誤って人を引く事故を起こしてしまう。

元に戻すことができない状況!

何とか免れなければならないゴンスは

誰も見つけることができないところ、母の棺の中に死体を隠す。

終わったと思った瞬間、奴が現れた!

絶体絶命刑事の最後の反撃。(Daum)

取り返しがつかないならば,最後まで行く!


奴とは、チョ・ジヌンさん、

迫力があって、怖いです。

執拗に追いかけてきて・・ハラハラドキドキの連続でした。

どうしてこれまで追いかけてくるのか・・

それが、ラストにつながっていきます。

これも暴力シーンが多くて・・目を覆いたくなりました。


できれば、暴力シーンのない、心温かい韓国映画が観たいと・・

思いました!!


まぁ、3本も観られただけでも・・良かった!と思いましょう^^

他に、『英国王のスピーチ』と『マレフィセント』(←ツムツムでようやくゲットしたから・・)

岡田君の『蜩ノ記』夏に行った松島の円通院がロケ地だったので・・

妻夫木君の『ジャッジ』など・・


最近の飛行機は、いろいろあって選ぶのも楽しいわね。


にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村
↑↑포치 해 주세요~❤良ければポチしてね
『A Hard Day』のバナー 
オム・テウンの映画かと思ったら・・イ・ソンギュンさんでした!

【 2015/05/02 (Sat) 】 韓国映画 | TB(0) | CM(2)
飛行時間が長いから・・・
ここなつさん 出張お疲れ様でしたv-14
大昔、思い出します ドイツや国内地方への出張は日常生活とは変化があり
興味深々でアクティブでしたが最近は韓流アジュンマ化です
「男が愛する時」ジョンミンssi演技炸裂でした 映画たくさん見られて
良かったです
今月のルフトハンザ、アシアナで映画鑑賞に浸りたいと思ってますv-233
【 2015/05/03 】 編集
ホントに長い・・
casperさん^^
無事に戻って参りました!
casperさんも、いろいろなところにご出張されていたのですね。
「男が愛する時」は、ジョンミンssiの演技はいいのですが、
暴力シーンが多くて・・完走することができませんでした。
今月は、ルフトハンザでドイツにいらっしゃるのですか~?
ヨーロッパも飛行時間が長いので、映画が欠かせませんね。
韓国は・・近すぎですけど、行けるだけで羨ましいです!!
是非、飛行機内もお楽しみくださいね!!
【 2015/05/03 】 編集
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。